飲食店イジメ?

この間、ワイドショーのコメンテーターの方が、言っていた。
「これだけ飲食店に自粛を求めたにもかかわらず、感染が収まらないんだから、もっと感染原因を究明して別のところの感染対策をするべきなのに」
正確ではないけれど、こんなことを言っていた。
確かに、昨今、街頭インタビューでも、
「飲食店ばかりに時短要請するのとかは違うと思う」
という若者の回答を聞いた気がするし、飲食店の方でもそういう声がある。
飲食店の方たちは、もちろん、自分のことであるからそういいたくなる気持ちもわかるし、正直なところだろうなと思う。
実際にも、特に強く時短要請を求められるのは飲食店ばかりだ。
けれど、最初の緊急事態宣言の時を思い出すと、飲食店に重点は置かれていたものの、他の業種、店舗などにも要請は出ていた。
また、世界を見てもあらゆるお店や会社を含めてロックダウンしていることを見ても、日本はマスク習慣もあって他のお店での感染リスクが低いために飲食店に限定すれば感染拡大が抑えられるから絞っている。
飲食店だけが標的にされているのではなくて、他の業種は免除され、感染リスクの高い飲食店だけに無理をお願いしているってことなんだと思うんですよね。
これを、勘違いしてはいけないんだと思う。
飲食店をイジメてるわけじゃなくて、ポイントを絞っているだけ。
なのに、感染が拡大傾向なのは、協力が難しくなっている飲食店もたくさんあるし、昼とはいえ飲食店を利用せざるを得ない、あるいは利用する人たちがどうしてもいるから。
夜の公園や路上などでの飲食なんかもあるみたいですしね。
昼夜のちがいは、基本的にお酒を飲むか飲まないかということに尽きると思う。
節度を持って飲酒し、感染対策を完璧にできる人たちは昼夜でもかわらないだろうけど、普通はお酒を飲むと多少なりとも行動が大雑把になりますから、マスクをしない時間が増えたりしちゃいますよね。
そこが問題なので、早めに店を閉めてもらおうということになってしまう。
だからといって、感染対策を適当にして昼に会食することもリスクはあるから減らすべきということなんですよね。
公園などの屋外であれば、密閉空間よりもエアロゾルなどの空気中にある程度浮遊するウイルスによる感染リスクは低くなる。
けれど、直接飛沫はよほどの強風の中でもなければ、外であってもリスクは減らない。
公園でノーマスクで飲むのは、下手をすればしっかりとした仕切りがあって、換気が十分にされている店舗内で会食するよりリスクが高いかもしれませんからね。
警察24時的な番組で、仙台の繁華街の国分町で3人ノーマスクで酒に酔って路上にぶっ倒れているのやってたなぁ。
コロナ禍でもそんなだから感染拡大したんでしょうね。
まん防適用中の現在は、夜のドライブスルーのテイクアウトに結構な車が並んでいます。
皆さん、我慢も限界のようです。
宮城の現在は感染が少しづつ縮小しているようですが、まん防が解除になったら増えそうな予感がしています。
とりあえず、私自身は出不精が幸いして、まだ我慢できそうなので、引き続き頑張っていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト