アニメ「新世界より」より(24話ネタバレあり)

瞬の笑顔から始まる24話、佳境でしたね。

隠された人間達の闇がすべて明らかになり、そのすべてを知る早季。
隠されているということは、守られていたということ。
すべてを知るということは、隠さなければならないということ。守るということ。
全体を通しての成長が完結し、本当の意味で戦わなければならない立場におかれた早季。

奇狼丸も早季に覚悟を促します。

わかっていたつもりでも実感していないこと。認識した早季は決断します。でも、迷います。それが早季の強さなのでしょう。

死をも覚悟した覚は今にも折れそうです。

サイコバスターは悪鬼ではない悪鬼を屠ろうと砕け散ります。

奇狼丸はこの回でほとんどの役目を終えたといっていいでしょう。人間に従順であった奇狼丸ですら、それは畏怖からでしかない。東京をなぜ訪れたのか? 淡々と語ります。支配する者とされる者、その目に映るものは同じようでいてまったく違う。強者はそれに気付かず、あるいは気付かないフリをする。
気付いていなければ富子の野狐丸に対する恐怖や憎悪があれほどまでになることもないだろう。

フラグ立った。やはり、そうなのか。

キーパーソン、最後のお勤めですか? 納得させようとする説明、今回全部ありましたものね。

確かに、それがキーパーソンらしい死に様というものか。いよいよ、目が離せない最終回25話。楽しみですね。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

(アニメ感想) 新世界より 第24話 「闇に燃えし篝火は」

投稿者・ピッコロ TVアニメ「新世界より」ED主題歌「割れたリンゴ」「雪に咲く花」(2013/01/25)TVアニメ「新世界より」商品詳細を見る 悪鬼を倒す唯一の手段であるサイコバスターを求