ペイトン、イヘナチョ、トミー・リー・ジョーンズ?

ペイトン・マニングは、やはり足首を痛めていたんですね。
バイで完全回復とは行かないまでも、欠場は痛いな。

イヘナチョは今季絶望まではいかないものの、何かしらの故障を覚悟していたが、大丈夫だったらしい。
ベイリーのいない今、これ以上のディフェンスの戦力ダウンは避けたい。
ぜひ、怪我のないようにがんばって欲しい。

ブロンコスに14年間ヘッドコーチとして数々の勝利をもたらした、マイク・シャナハンがこのレッドスキンズ戦、敵のヘッドコーチとして合間見えた。
映像でも、ジョン・エルウェイと共に何度となく抜かれていたが、見れば見るほどトミー・リー・ジョーンズにしか見えなかった。

「この星のアメリカンフットボールは甘くない」と言ったとか言わないとか。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント