【アニメ】攻殻機動隊ARISE border2 ネタバレなし

攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Wisperが公開。
遅ればせながら見てまいりました。

簡潔に言えば従来の攻殻機動隊のテイストは残しつつ、アクションがてんこもりの本作。
ストーリー的にはborder1よりはシンプルでわかりやすい印象。
アクションに注目していてもそれなりに楽しめるのではないだろうか。
かといって、攻殻らしい細かい設定や見るたびに繋がりを感じさせる深みのあるストーリーもファンとしては楽しい。
できれば、音響にこだわった状態で見たい一作と言っていいだろう。
アクション部分の映像演出としてはハリウッドのCG的なアングルを意識した見せ方が、人によっては「若干、陳腐」と感じる人もいるかとは思いますが、攻殻らしいスピード感のあるアクションを初心者の人にも見やすくしていると考えれば、よい演出なのではないかと思います。
何しろ、銃撃戦や格闘戦と電脳戦の織り交ぜられたアクションなので、なれていない人にはついていけないかも。
そこも見所。

ストーリーとしても、まさに『承』。ファイアスターターが暗躍し始めます。

今回は軍隊関連のメンバーのみの登場。単純にメンバーが集まるというのでないところはいいですね。
それにしても、サイトウとパズはARISE独特の性格付け。
でも、ちょっと慣れてきましたね。
ストーリー的にはサイトウのキャラは必要ですしね。

ストーリーとアクションの二つが両立していて、前作より1時間が短く感じた作品でした。
視覚効果に偏向した昨今アニメに慣れている方には、まだ甘いかもしれませんがおすすめです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント