メリークリスマス!

どうなんでしょう?

家族や恋人がいる場合は言いそうですが、そうでなければ言わないような。

「メリークリスマス!」

でも、夜の町は華やかでいいです。

見ているだけでウキウキしてきます。

かといって、正月のまったりした静かな町もまたいい。

ただ、年賀状は急がないと。


クリスマスというと思い出すのが「レスザンゼロ」という映画(日にち的にクリスマスのあたりの話)。

アンドリュー・マッカーシー、ジェミー・ガーツ、そしてもう有名、ロバート・ダウニーJr. という顔ぶれ。

昔から、ロバート・ダウニーJr. が好きだったんですよね。

ちょっと、飄々としていて、ちょっとコミカルな演技もできて、「チャーリー」はまさにうってつけだったと手前的には思っております。

話を「レスザンゼロ」に戻すと、「冬の散歩道」のカバーが好きだったんだよなぁ。

今見ると、時代的にもちょっと違和感があるし、古さも感じるけどロバート・ダウニーJr. の存在感がとてもいいです。

きれいなお尻も見れます。

よかったらどうぞ。(シメのオシ文句が「尻」って...)

ただし内容が、挫折し、享楽的な生活でドラッグにおぼれる友人とそれを助けようとする主人公の話なので暗いです。

だから、クリスマスの楽しい気分の時に見る映画にはふさわしくないかも。

お気をつけを。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント