昨日のこと

掃除機を買いたいと思っている知人に付き合って電気店へ。

1件目は朝早いということもあって電気店ではなく、早くからやっている雑貨も置いているスーパーみたいな大型店へ。

3千~4千円ぐらいのスティックタイプの掃除機を見る。

とても軽いが作りはやっぱり値段なり。吸引力もそれなりなんだろうなと言った感じ。

メーカー名が「シーシーピー」とカタカナで書かれていた。

「おっ、シーシービーだってよ。」

と言って、『ロマンティックが止まらない』を小声で歌いだす知人に、

「シーシーピーだぞ!」

と言いながら、上にある別の掃除機の値札に書かれた文字を指す。

こっちにはアルファベットで『CCP』と明記されている。

「あー...」

とつまらなそうな知人。

店でこんな感じのやり取りを続け、1時間も無駄にする。

が、その甲斐あって午前9時。年末ならヨドバシカメラが営業している時間だ。

ヨドバシカメラに移動。

また、掃除機を見るのだがその前に知人が『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』もみたいと言い出す。

「同梱版もあるんだ」と言う。

見た目にも凄い欲しそうだ。

そういうわけで、まずゲーム売り場へ。

ゲーム売り場に入るといきなり台に新製品が並んでいる部分がある。

見ると、件の『ゼルダ』がある。

が、手前が「あるじゃん」という前に知人が一言。

「ないねぇ」

『あ~、同梱版が欲しいからそれがないと言っているのか...』

確かに、台にはゲームのみのゼルダのダミーはあるものの、同梱版のダミーはない。

「3DSのコーナーに行ったらあるんじゃないか?」

と手前。

すぐ、向かうことにするとありました『ゼルダ』。でも、やはり同梱版はない。

「同梱版ないねぇ」

がっかりする知人。

「同梱版がほしいわけ?」

「いや、別にどっちでもいいんだけど...」

「でも、本体持ってないよね」

「うん、だから今回買おうかとも思って。まあ、値段次第?」

「じゃあ、中古とかの価格も見てみる?」

「あっ、いいねぇ」

「じゃあ、ゼルダは置いておいて掃除機見るか」

「見るか?」

ということでゲーム売り場をあとにしようとした時、入り口付近で振り向いて知人。

「あっ、ここにもあるじゃん!」

「おいっ、ゼルダ自体を発見できていなかったのか。入って正面に見える台の中央に陳列されている4本ぐらいもあるゼルダが目に入っていなかったのか?」

「あっ、知ってた?」

「知ってた」

「早く言わないと」

「『まさか』だったもので...」

「バカにしてるべ」

「いささか」

(珍道中はつづく...)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

まさにそのスティックタイプのクリーナー持ってますけど(ツインバード)

T型ノズルの作りが悪くて絨毯とかではあまりゴミを吸わないという。あとはゴミの容量が少ない。一人暮らしならこの容量が一度にいっぱいになることはないはずですが。

たぶんもう掃除機買われたと思いますけど。

Re: No title

カニ光線さんへ

そうなんですかぁ。
ツインバード工業ってすごい名前ですよね。
やっぱり、値段なりなんですね。
でも、単なるクチコミよりこうして直接(?)聞いた方が信じられるし参考になります。
早速、知人にはその旨、伝えます。
実はまだ購入してませんから。
この話、大した面白いこともオチもないんですが書いたら長くなったので数回に分割しました。
年末年始はこの話で乗り切るつもりです。

コメントありがとうございました。また、コメントくりーなぁ。なんちって...
う、ううん。寒さが一段とひどくなるようですからあたたかくして風邪など召されませんように。
来年もよしなに。
非公開コメント