ネタみたいなことを書いたら

なんだかネタみたいなことを書いたら、それはそれでハードルが上がってしまうというか、書きにくい。

そうでなくても、うーん、書くことなし。

書くことがないということを書くのもおかしいし、書くことがないということを書くというのがおかしいと書くのもこれまたネタ切れ感がてんこ盛り。

いや、書くことがないということを書くということがおかしいと書くのもこれまた...もういいよね。

で、どうしようか?

とりあえず、何飲む? 今あるのはウーロン茶か炭酸だと...

いや、お出しできませんけどね。

モンハン4の村クエがあらかた終わりましたというのも、モンハンを知らない人にはわけわからないし、わかる人にとっては「今頃?」だろうしねぇ。

どうしようか?

どっか、出かける?

カラオケって時間じゃないしねぇ。

って、何時設定なんだということではあるんですが、他のものはキッチリ洗っているのにちょっと使ってよけて忘れていたフライパンを発見。

なんだか、干からびた食材のかけら達の哀愁がやる気を奪い、まだその場所にそのままある。って話は何だってことだしね。

あれ? 書くことないのにちょっとした分量になった。

ラッキーってことで、皆様にもいいことありますように。

能天気でいいのかね。

あ、お腹がグルッって鳴った。これは空腹か、それとも不幸の前触れか?


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント