自分の足で(その5)

あらすじ
知人の冷蔵庫購入につき合わされている自分。
店員さんのランクアップ攻撃やら知人のそもそも購入していいものか攻撃やらを食らいながら、価格を聞き、選ぶ基準を明確にしながら最初に行ったY店を出て、近くのK店へと向かった。

当然、無事にK店へと着いて店内へ。

さすがと言うべきか、開店直後に行ったY店の印象のせいか店内は平日だというのになかなか混み合っていた。

特にやはり駆け込み組みなのか、白物あたりには店員もお客さんも集中していた。

そんなお客さんの合間をぬって、目的のものを探す。

程なく見つけると、その値段はY店の「これから値引きしますよ」という値段と同じぐらいの額だった。

しかし、同じように値引きしてくれるのかもしれない.

現状では判断できないと思ったのは知人も同様だったようで、すぐに値引き交渉をしてみようと言うことになった。

店員を探してみるも、混雑の状態から考えてもなかなか見つからない。

みんな接客中で割り込むわけにも行かない。

ちょっとウロウロしていたが程なくして目があった店員さんが駆け寄ってきてくれたが、明らかに売り場が違うし、メーカーを絞った説明用の派遣の店員さんらしかった。

あまり時間をかけても仕様がないので、すぐに本題へ。

「これに決めようかとも思ったんですが、予算的にちょっとオーバーしているんですけど。」

すると、案の定。

「あー、お値段の交渉ですか? スミマセン、ちょっと担当のものを呼んでまいりますのでしばらくお待ちいただけますか?」

「はい」

その間、知人とあーでもないこーでもないと話しながら待っていると、店員さん登場。

「お待たせいたしました。お値段の交渉と言うことで、この機種ですとそうですね...」

と提示された額は1万程度の値引きだった。ちょっと、がっかり。

さらには、実は待っている間に見た冷蔵庫たちには値札の部分に気になる文字が。

『4月上旬』

『4月中旬』

『4月下旬』

の文字。

結局、駆け込み需要の影響で品薄なのだ。

つまり、その文字の意味は、メーカー側からの納品時期が記されているわけ。

会計は先に済ませられるので、駆け込みとして需要は衰えないものの納品は4月以降になるようだった。

ただ、知人も今の冷蔵庫がダメになって買い換えるわけではないから、安ければ待つのは一向に構わない。

だが、1万程度であればY店の方が明らかに安い。2万ぐらい差が出てしまっている。

なんとなく、知人も買うとしたらシャープ製の冷蔵庫に心が決まっていただけに、それ以外の冷蔵庫の値段は聞かなかった。

だから、他の冷蔵庫でY店よりも安いものもあったかもしれない。

それはわからないが、時間もそれなり経っていたこともありK店にはそれ以上とどまらずにそそくさとY店へと戻った。

知人はK店にちょっと期待していたところがあったのか、それともK店よりY店の方が安かったせいで『これ、お得かも』と思ったのか、Y店につくと購入の方向へと進みだした。

さっきの店員さんは見当たらなかったので、他の若い店員さんに購入したい商品を指し示して、さっき提示された値段を話した。

こういう状況に慣れているのか、その店員さんも特に確認を取るでもなく話を進める。

「では、色のほうはどうなさいますか? 展示されているのはベージュ系の色になります。この機種ですと他にシルバー系の色もありますが」

と言いながら冷蔵庫のドアを開ける。そこにはカタログがあり、それを取り出して二色の冷蔵庫の写真を見せる。

しかし、写真が小さくイマイチわかりにくかった。

店員さんが、端末で確認。

「えー、ベージュ系のですと在庫がございますので、配送のスケジュール待ちですぐにお届けできますね。」

「ふんふん」

「シルバー系ですと、えーと、在庫の方が...あ、ございますね。どちらでも大丈夫です。」

『あるんかい!』

ちょっと、意外だった。K店ではあんなに品薄だったのに。

少なくとも冷蔵庫は軒並み入荷待ちだったのに。わからないものです。

時間がかかっているということに知人も少し気を遣ったのか、色はすぐに決まった。

「では、購入手続きと今お使いの冷蔵庫も処分されますよね?」

「はい」

「それでは、リサイクル回収の手続きをさせていただきますのでこちらにいらしていただけますか?」

と案内される。

手続きの最中、どこでどうやって情報が回ったのかわからなかったが、店員さんが、

「本日、ご検討いただき、すぐにお戻りいただいての購入ですね。ありがとうございますの気持ちをこめてさらに2000円値引きさせていただきます。」

と追加値引きをしてくれたので、知人は余計に満足したようだった。

すべてを終えて、配送の日程も決めての帰り道、知人が例の疑問を再び口にした。

「でも結局、K店でもワンランク上を勧めようとしてた。なんでなんだろうな?」

「そうだね...」

と適当に返事していたが、本音は違った。

『お前のようなヤツばっかりだからじゃ!!』


それにしても、普段ならわからないがこのような駆け込み時期になるとそうした評判のせいもあって、「安い」というお店にお客さんが集中するきらいがある。

そのために集中している店では品薄、値引きの額の減少があるのかもしれない。

逆に、お客さんの少ない店では在庫を抱えているために、値引き額の増加などが見られたのかもしれない。

結局、自分の足で見て回ったほうがお得なお買い物ができるということか。

まあ、その時間がなければ致し方ないのだが。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

「その足で」シリーズ、楽しませて頂きました ^^

知人の方、無事に冷蔵庫を買えてよかったです。
何より、何度も行き来したおかげで
穴場なY店で購入できたことが一番です。
時間と労力を惜しんではいけませんよね(笑)

電脳高架橋さんもお疲れになったことと思います^^;
「付き添い」結構重要な役割だと思いますし
前回から考えると
かなりの時間を費やしていますものね。

我が家も家電を買う時は、必ず最低でも2店舗見て
限界どこまで値下げできるか、見積もりを出してもらいます。
安かった店舗の金額を 他の店舗へ伝え
「〇〇店ではこの金額ですが、
それ以上安くなるようでしたら、こちらで買います!」
と、毎度毎度 更に値下げ交渉しています ^^;
結果、どこよりも安く買えたのにもかかわらず
もう少し粘れば、更に安くしてもらえたかも?
ここらであっさり返事しちゃって、早かったかも?
と、更に欲を出して帰るという、とんでもない夫婦です(笑)



Re: No title

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

> 「その足で」シリーズ、楽しませて頂きました ^^

ありがとうございます。

> 知人の方、無事に冷蔵庫を買えてよかったです。
> 何より、何度も行き来したおかげで
> 穴場なY店で購入できたことが一番です。
> 時間と労力を惜しんではいけませんよね(笑)

確かに大事だなと思いました。

> 電脳高架橋さんもお疲れになったことと思います^^;
> 「付き添い」結構重要な役割だと思いますし
> 前回から考えると
> かなりの時間を費やしていますものね。

つ、疲れました。でも、第3Rにもつれ込まなくて幸いでした。

> 我が家も家電を買う時は、必ず最低でも2店舗見て
> 限界どこまで値下げできるか、見積もりを出してもらいます。
> 安かった店舗の金額を 他の店舗へ伝え
> 「〇〇店ではこの金額ですが、
> それ以上安くなるようでしたら、こちらで買います!」
> と、毎度毎度 更に値下げ交渉しています ^^;
> 結果、どこよりも安く買えたのにもかかわらず
> もう少し粘れば、更に安くしてもらえたかも?
> ここらであっさり返事しちゃって、早かったかも?
> と、更に欲を出して帰るという、とんでもない夫婦です(笑)

なかなかやり手ご夫婦ですね。^^
でも、明るいyukoさんに値切られたら、店員さんも断りきれないかもしれませんね。
そして、『更に安く』は今回そう思いました。
更に二千円値引きされたときに強く思いました。
家電っておっきい金額の買い物なので余計ですよね。
全体の十何万円から見ると何千円単位だとちょっとという感じしますけど、食事代だったら「○○の横綱」が何度楽しめるか。
大事ですよね。

コメントありがとうございます。
非公開コメント