反省材料

今日は、CSで『落語研究会』を見た。

演目は「うどん屋」「熊の皮」そして「たちきり」。

特に「たちきり」が良かったです。

柳屋さん喬さんの語り口が全体に落ち着いていて、特に後半の置屋での悲しみにくれる静かな雰囲気がきれいにかもし出されていて惹き込まれました。

オチのたちきりの部分も変に落とそうという欲が出ていなくて、こういう落とし方も粋でいいなと感じました。

たちきりは何度か聞いたことがありましたが、はじめてのような感覚がありました。

とても、興味深かったですね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント