フットボールと言えば

多くの方は日本では「サッカー」なるスポーツなのでしょうが、手前はどちらかといえば「アメリカン・フットボール」でして。

ここからが、いつものしようもない話になるのですが、今回は皆さんに理解していただくために踏まえていただきたいことがあります。
1.アメリカンフットボールには、「ラッフィング・ザ・パサー」という名の反則があります。
  正確ではないですが、大まかに言うとパスを投げる人が投げ終わった後に、敵がその人に接触する反則です。
2.北海道や東北地方(全域ではないかもしれません)では、「Do+ささる。」という方言があります。
  具体的には「押ささる」「打たさる」などで、自分はしようとしていないのに結果的に自分がしてしまうといった意味。

踏まえていただけましたか? で、東北や北海道出身のNFLプレイヤーが誕生すると、当然、ロッカールームではこんな会話が交わされることでしょう。
「お前のあの反則がなければ、今日の試合は落とすことがなかったのに。」
「いや、だってあの時お前が後ろから押すから、ラッフィング・ザ・パサさったんだよ。」

そう、交わされないッスよね。手前、心療内科のカウンセリング受けてきます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント