ローカル蒸しパンの話題

今日は蒸しパンと「がんづき」の話。どうも、手前です。

みなさんご存知、蒸しパン。明治ぐらいにパンと共に作られるようになったという蒸しパン。

そして、みなさんご存知ない人も多いかも、岩手、宮城ぐらいではメジャーな東北のローカル菓子「がんづき」。

「雁月」とも表記されるようですが、一体どんなものかというとお気づきの方も多いでしょう。蒸しパンに近い。いや、蒸しパンといっても間違いではない。黒糖蒸しパンを連想していただければ、大体あたりです。

製法や材料に多少の違いはあります。たとえば、同じがんづきでも上や中に入れられているのが黒ゴマだけの場合と、クルミなども入っている場合があったり、製法によっては蒸しパンは主にバターを使いますが、がんづきは油を使うとか、酢を少しいれる製法(生地がふっくらするんだそうです)もあるそうです。

その「がんづき」は、ところが宮城(仙台)ではちょっと事情が違うようで、二種の異なるがんづきがあるそうです。

ひとつは、前述の蒸しパンタイプ。材料で言えば「重曹」を使って膨らませるタイプ。

もう一つは、ねっとりとした、どちらかといえば餅菓子的な食感の「重曹」入れません、膨らませませんタイプ。

「ませませ」言ってスイマセン。ハッ!?

両方知っている人もいるようですが、片方のみ知っている人もいるようで、どちらかといえば蒸しパンタイプが現在はメジャーなようです。パンコーナーにおいてあったりしますからね。

逆に、ませませタイプ(このタイプ名でいいのか?)は、和菓子屋や洋菓子店で販売している場合が多いようです。

そして、最後に名前の由来。

諸説ある系です。

最もポピュラーなのが「雁月説」。要は丸い典型的ながんづきの見た目を、雁が月を背に飛ぶ姿に見えることからという説。まあ、ゴマがちりばめられている表面と丸い形からしても、ありそうな説であり、がんづきすべて(雁と月)を網羅していて、なおかつ風流。覚えやすい。なので、大抵はコレが有力と考えられているようです。

ただ、穿った見方をすれば、後出しでつけそうな説でもあるので、信憑性は高くはないと手前個人は思います。

岩手県の久慈市の方には、おでこのことを「なんづき」と呼ぶ方言があります。そう考えても、同じ岩手のお菓子「がんづき」がそのまま標準語的な「雁月」っていうのは微妙なんですよね。

ただ、蒸しパン自体が一般的に作られるようになったのは、重曹が入手しやすくなった前述の通り、明治時代に入ってからだそうで、そんな現代に近い近代であるという時代背景を考えるとあるのかなとも思ったり、いや、それでもテレビのない時代であることを考えると、やはり、厳しい気がします。

他には、雁の肉に似ていることからって説もあるんですが、「がんもどきはどうする?」と思って調べてみると、「雁の肉に似ているから」という手前が勝手に「当然そうだろう」と思っていた通りの説もあるようですが、「雁擬き」は当て字という説もあるようなので、微妙です。

江戸時代にはコンニャクを油で炒めた料理を「がんもどき」と言っていたという話はびっくりしましたね。

でも、がんもどきもがんづきも弾力のある食感なので、がんもどきの語源が雁の肉に似せたという意味で、がんづきも雁の肉に似たものだからというのであれば、あながちない話ではないのかもしれませんが。

あとの説はパッと調べた感じではなかなか調べられなかったので、ご容赦ください。

知ってたら、コメントください。よしなに。

ただ、それぐらい「雁月」説が殆どのサイトでコレが由来ですと書かれています。

でも、そういうことでも不都合はないと思うので、由来ってことではなく、それ風流でいいネーミングだねと思って手前も「雁月」と呼ぶことにしたい思います。

なにやら、消化不良的な終わり方になりましたが、なにとぞよしなに。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント