わかりづらいよ!

今日の朝、車での帰路で路地から交通量の多い道路へ交差ではなく合流する形のところに差し掛かった。

路地には合流地点に横断歩道。

もちろん、路地側は一時停止だ。

その横断歩道へ朝と言うこともあり、結構なお年の老人がさしかかった。

矍鑠(カクシャク)とはされているものの、歩幅は極端に短い。

こちらは一時停止だし、当然止まり、老人の横断を待った。

早朝だから交通量の多い方の道路はの交通量もそれほどではない。

しかし、こちらにウインカーを出して向かってくる車が一台いた。

『どうかな?』と思ったが、車は自分が停止しているのを見て、停止した。

その瞬間はその対向車に視線を向けているから老人は視線の端に追いやられている。

が、渡る気配がないことに気づいて老人の方を見た。

老人も対向車の方を見ていて、すこしこちらに背を向けた感じだったが、その右手が小刻みに震えていた。

「...」

早く渡ってくれないかなと思いながら待つ。

流れる時間、そして、

「...あっ、オレに行けって合図か」

一瞬遅れてそれに気づいた。

両方の車がほぼ同時に横断歩道を横切り、走り去る。

背後で、悠然と渡る老人。

うん! 分かりにくい。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント