2014week5 ベアーズ vs パンサーズ

バンク・オブ・アメリカ・スタジアムで行われたベアーズ対パンサーズの試合。

結果は24対31でパンサーズが勝利。

これでパンサーズは勝ち越し、ベアーズは負け越しとなった。

全体としては、両チームのディフェンスがよくオフェンスをとめていた。

審判は前評判どおり、コールも間違えるし、通常であればとらないであろう反則も細かく取っていた。

理解に苦しむ判定もないとは言えなかったと思う。

そんなせいかもやもやとした試合運び。

オフェンスが決して上出来でなかったとは言え悪かったともいえない中、最初のパントであのタックルミス。

そこからリターンタッチダウン。

パンサーズが7点を先制。

そこからは、前半はパンサーズのターンオーバーが多く、ベアーズがリード。

後半はベアーズのターンオーバーが多く、パンサーズが逆転という試合。

ディフェンスの影響があったのかもしれないが、キッチリとドライブした攻撃シリーズはなかったのではないだろうか?

アクシデントの多い試合は面白いかと思っていたが、そればかりでは逆に単調な試合になってしまうようだった。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント