午前の5時・6時

タイトルあたりが車に乗って走ることが多い時間帯。

最近はこの時間当たりに日が昇り、家に帰る場合には家の直前で、もっとも眩しい思いをする羽目になる。

けれど、車を駐車場に止めて空を見上げると、やはり眩しいのだけれど、綺麗な雲を見ることができる。

秋の雲は、ウロコだったり、スジだったりと透けるような薄いものが多い。

東の空には朝日に照らされてそういう雲が輝いている。

厚い部分は陰になり灰色に。

そして、光が拡散して青く輝く空には純白の雲がたなびいている。

新しい一日が来たという感じが、胸いっぱいに吸い込まれた冷たい乾いた空気と共に自分の中に広がる。

最近、好きな時間。


ただ、このシチュエーションになるのは自分の場合、このあと部屋に入って、この気持ちのいい晴天の朝に部屋を暗くして即寝るのだけれどね...。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

そこで

そこで寝るのが最高なわけですよ。
綺麗な空をカーテンで遮って寝る。アタシはお気に入りです。

そして数時間後に起きだして、ああ、布団を干せばよかった、こんなに良い天気なのに、と天を仰いで、反省し、しかしコーヒーを飲んだ後は、結局はパソコンの前に座り、うだうだブログ記事を書いて、あ~でもないこ~でもないとやっているわけですよ。

極楽です。

目の前に広がりました

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

秋の空、綺麗ですよね^^
私の場合、夕方しか見れてませんが。
私は、もう暫く日が昇る時間帯に仕事へ行っていないので
この綺麗な空を忘れてしまいましたが
もうずっと昔、早朝に仕事へ行く頃見た空は
その頃の職場環境が辛くて、これから仕事へ向かう苦痛と緊張感みたいなものしかなく、折角の空模様を見ても清々しい気持ちにはなれませんでした。
電脳高架橋さんは、仕事を終えられた後に見る空のようなので
気分的なものも含め、羨ましいです ^^
深呼吸とかしたら、気持ちよさそうですね。
日々忙しく過ごしている中で見つけた、自然を感じるわずかな時間って
とても大切だと思います。
そしてその直後、すやすやと眠るという流れが最高です^^

未だに夜から深夜、朝方まで働いた経験はありませんが
昼夜逆転生活は大変なんでしょうね。
体に気をつけて下さいね。


Re: そこで

きたあかりさんへ

> そこで寝るのが最高なわけですよ。
> 綺麗な空をカーテンで遮って寝る。アタシはお気に入りです。

遮光じゃないんで、結構お天道様の自己主張は強いですよ。
そして、朝寝ると室温差で起こされます。
このマンションは意外に断熱がしっかりしているので急激に上昇するんです。
本寝であって昼寝であって昼寝じゃないんですよね。

> そして数時間後に起きだして、ああ、布団を干せばよかった、こんなに良い天気なのに、と天を仰いで、反省し、しかしコーヒーを飲んだ後は、結局はパソコンの前に座り、うだうだブログ記事を書いて、あ~でもないこ~でもないとやっているわけですよ。
>
> 極楽です。

なんだか有意義なことをあえて蹴飛ばす贅沢、習慣性がありそうで怖いですね。^^

Re: 目の前に広がりました

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

> 秋の空、綺麗ですよね^^

そうなんです。

> もうずっと昔、早朝に仕事へ行く頃見た空は
> その頃の職場環境が辛くて、これから仕事へ向かう苦痛と緊張感みたいなものしかなく、折角の空模様を見ても清々しい気持ちにはなれませんでした。

仕事大変だったんですね。
自分は仕事の悩みがないわけではなかったですが、ひどい状況は幸運にも経験していないので、そういう話を聞くと、能天気な自分がちょっと申し訳ない気分になります。

> 電脳高架橋さんは、仕事を終えられた後に見る空のようなので
> 気分的なものも含め、羨ましいです ^^;

昼に本寝するのは意外とアレですよ。^^

> 深呼吸とかしたら、気持ちよさそうですね。

気持ちいいです。

> 日々忙しく過ごしている中で見つけた、自然を感じるわずかな時間って
> とても大切だと思います。
> そしてその直後、すやすやと眠るという流れが最高です^^

大概、テレビを見ながら落ちます。
なので、オフタイマーが必須です。
たまに、テレビに夢中になっているときにいいところで『フッ』と消えて「あー!!」ってこともありますが。

> 未だに夜から深夜、朝方まで働いた経験はありませんが
> 昼夜逆転生活は大変なんでしょうね。
> 体に気をつけて下さいね。

ありがとうございます。
yukoさんにそう言ってもらえるだけで大分健康になった気がします。^^v
非公開コメント