2014week7 ベンガルズ vs コルツ

コルツホームで行われた、ベンガルズ対コルツ戦。

結果は、0対27でコルツの完封勝利。

これでベンガルズは3勝2敗1分となり2位に、コルツは5勝2敗で地区首位をキープ。

ベンガルズはここ2戦で調子を崩したようで、今回もオフェンスが完全にコルツディフェンスにつかまっている印象。

序盤はコルツの強烈なパスラッシュを止める事ができず、ドルトンにパスのヒマがない。

しかも、パスが完全に読まれてのパスラッシュ。

オーディブルコールも効かない。

ベンガルズディフェンスはラン守備は相変わらず低調だがそれでもよく守っていたのではないだろうか?

とにかく、ベンガルズは点どころかファーストダウンが取れない。

だが、コルツもディフェンスがかなりどんぴしゃでハマっていたが、オフェンスはそれほどでもなかった。

なにより、ラックがそれほどよくなく、ところどころでパスのドロップも。これは両チームで多かった気がする。

それが完全に一方的な展開だったにも関わらず、どこかテンポのないゆるい試合に見えたのがラックが本調子でない証拠だろう。

絶好調のコルツであれば、40点台は叩出しそうな展開なのに。

そういう試合だった。

とにかく、ベンガルズは次の1勝がどこで出るかが重要じゃないかと思う。

コルツも意外と油断できないかも。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント