どうしても

分からない人もいると思いますが、どうしてもいいたい。
ちがうと分かっていても、角松敏生さんの名前を口に出してしまうと
「アンド・オメガトライブ」をつけたくなってしまう。角松さん、ファンの皆さん、ゴメンナサイ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント