ブーゲンビリアを見る

今日、いつも訪問させてもらっている方のブログでブーゲンビリアを見た。

キレイな花を咲かせている写真。

ふと、ブーゲンビリアと言う言葉に思った。

山本五十六の亡くなったブーゲンビル島とかなり似ているということ。

ブーゲンビル島はパプアニューギニアを構成する数多の島々の一つ。

ブーゲンビル自治州にある。

この島は1768年に世界周航でこの島の沿岸を航海していた探検家ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィルにちなむらしい。(ウィキペディアより)

そして、ブーゲンビリアもブラジルでブーゲンビリアの木を発見した探険家ブーガンヴィルの名にちなむらしい。時は同じく1768年。(ウィキベディアより)

もっとも、ブーゲンビリアを実際に発見したのは同行した植物学者フィリベール・コメルソンらしいが。

一人の探険家が残した二つの名前。

似ていて当たり前でした。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

もしかしてその写真とは・・・私めのかしら?

その名の由来を教えていただき嬉しいです。
頑張って記憶に留めておきましょう^^
ありがとうございました。

Re: No title

らこささんへ

> こんばんは。

こんばんは!

> もしかしてその写真とは・・・私めのかしら?

その通りです。

> その名の由来を教えていただき嬉しいです。
> 頑張って記憶に留めておきましょう^^
> ありがとうございました。

いいえ、こちらこそありがとうございます。
非公開コメント