猫との接し方

最近、知人に指摘を受けた。
どうやら自分は、猫との接し方がおかしいらしい。

昔、飼っていたこともあって猫には親近感がる。
この親近感がおかしいのかもしれない。

基本は道端で猫を見ると、
「チワッス!」
とばかりに軽く会釈。
そのまま立ち止まらずに素通りである。

知人に指摘を受けたときには、駐車場に止まる車の下に猫。
気づいているが知らん振り。
しかし、警戒している猫。
サササッ、車の下から下へすばやく移動する猫。
しかし、そっちは自分達の行く方向なのだ。

ちょっと困って、片手を前に伏せて、『落ち着け』みたいなポーズをする自分。
「そのまま、そのまま、ちょっと前を通らせてもらうだけなんでぇ」
「なに!? 猫に言ってんの?」
「しーっ!!」
逃げる猫。
「ほら、気を遣わせちゃったじゃないかぁ」
「???」
あきれられる始末。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

電脳高架橋さんは、猫がお好きなんですね!

動物が人間を警戒した様子を見ると
私も心の中で「大丈夫だよ~、怖がらなくていいよ~」とか
言っている時あります。一つ間違えると、物にまで。
例えば、「トイレさん、ありがとうねぇ」とか(汗)(←コレとは意味が違うか)

それを言葉にして猫に話しかけている電脳高架橋さんは
優しいお方です^^
そういうの、おかしくないですよ、いいと思いますよ!

Re: No title

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

> 電脳高架橋さんは、猫がお好きなんですね!

なかなか好きです。

> 動物が人間を警戒した様子を見ると
> 私も心の中で「大丈夫だよ~、怖がらなくていいよ~」とか
> 言っている時あります。一つ間違えると、物にまで。
> 例えば、「トイレさん、ありがとうねぇ」とか(汗)(←コレとは意味が違うか)

ありますねぇ。
でも、日本人には八百万の神の考え方がどこか根付いていると思うので、意外に多いのかもしれませんね。
自分もよくありますよ。

> それを言葉にして猫に話しかけている電脳高架橋さんは
> 優しいお方です^^
> そういうの、おかしくないですよ、いいと思いますよ!

ありがとうございます。
yukoさんはいつでも優しいですね。
いつもコメントありがとうございます。
非公開コメント