勢いは?

NFLのAFC、NFCチャンピオンシップはどちらもすごい試合とだった。
前半を見るとAFCは接戦になるかのような展開で、NFCは比較的このままパッカーズがシーホークを抑えてそのまま逃げ切るかのような印象だった。

しかし、後半に入ると一転AFCは一方的な展開になり、NFCは第4Q中盤からシーホークスの底力を見せられたような大接戦。
やはり、パッカーズが強かったからこそのこの展開だったのだろう。
ギリギリで逆転、しかも2ポイントコンバージョンを成功させたウィルソンもすごかったが、1分あまりの残り時間でFGで同点にしたロジャースもさすがだった。

OTではその接戦がウソのようにシーホークスのTDで決着。
名勝負だったなあ。

それにしても、大逆転で勝ったシーホークスと世代交代の象徴ラックを退けたペイトリオッツ。
一体、どちらに勢いがあるのだろう?

ウィルソン感涙してたけど、2連覇したらどうなることか...。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント