蔵王 手打ちそば 新楽さんに行く

宮城蔵王の遠刈田温泉町にある「鴨そば」がウリのお蕎麦屋さん『新楽』さんにいく。

行って見たいと思っていたのがやっと実現。

行く道すがら『ピッザァ』の看板。

お店はそこにはなく、もう少し行ったところにあるらしい。

イタリアンなのか、ピザだけなのかと思っているとお店があった。

店名は忘れたが、予告看板と同じ様式で『ピッツァ』と表記。

「どっちだよ!」

と思ってしまった。

しばらく、運転しながら考えた。

配色や様式が同じってことは同時に書いたと思うのだが、なぜ表記が微妙に違うのかと。

車戻して聞きに行こうかとさえ思ってしまった。

そうこうしているうちに『新楽』さんへ到着。

新楽さんの駐車場はないものの、車通りの多いところでもないのでなんとなくとめられるスペースはある。

そうでなくても近くに有料の駐車場があり、最初の60分が無料(その後は30分で100円)なので普通ならばタダでとめられる。

もっとも、入り口が道一本となりなので、知らないと戻る羽目になる。

蕎麦だけでなくうどん、ラーメンもある新楽さん。

でも、蕎麦を注文。

頼んだのは冷鴨そばと鴨そば(あったかい汁蕎麦)。

冷鴨そばはいわゆるつけ麺タイプ。

つゆに薄切りの鴨、小口切りのねぎ、短冊切り白菜などが入って、そば自体は皿に盛られてくるスタイル。

甘みのあるつゆで、太目の田舎そばによく合う。

鴨そばの方は、同じつゆを汁蕎麦用に割ったものに同じように鴨、ねぎ、白菜が入っている。

白菜が徐々に水分を出すのと、味を薄めるのもあって汁は薄い印象。

ただ、この希釈が自分の印象的には毎回この薄さではなく、提供の際のムラのような感じがしたので、大丈夫な場合もあるかも。

もし、これが毎回この感じだとすれば結構な薄味好きでなければ鴨そばとしては弱い気がする。

むしろ熱い方が塩辛さや甘さが感じにくくなるので、そういう意味でもイマイチかな。

ただ、全体としては美味しく、こちらに来る機会があればまた寄りたいと思わせるお店だった。

今度はラーメンもいいかも。

うどんでも甘めのつゆがマッチすると思う。(薄くなければ)

おいしゅうございました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは。

鴨汁そば、大好きです。
ネギに白菜、甘めの汁・・・美味しそう!
鴨肉は高いので、家では鳥肉で作りますが^^;

Re: No title

らこささんへ

> こんばんは。

こんばんは!

> 鴨汁そば、大好きです。
> ネギに白菜、甘めの汁・・・美味しそう!
> 鴨肉は高いので、家では鳥肉で作りますが^^;

とても、美味しかったです。
甘めの味付けの方が、獣肉の脂の甘みとあいまって一体感のある味になる気がします。
四国のうどん屋さんで多くの肉うどんの名店と呼ばれる店もつゆが甘いんですよね。

コメントありがとうございます。

No title

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

どちらが本当の看板なんでしょうね。
書き間違えなのか、古い看板だったとして濁点が消えていたのか
はたまた イタリアンでもピザ専門のお店でもなかったら
笑えますが(笑)

鴨そばに、白菜が入っているのは珍しいですね。
普通は鴨と葱ぐらいしか入っていないので
寂しい感じはしていましたが
嬉しい反面、白菜の水分の影響で
汁の濃さにムラがあるのは残念ポイントですね。
私もそう思います、温かいお蕎麦は
少し濃いめの方が美味しいですよね。
こちらのお店、うどんやラーメンもあるなんて
珍しいお店ですね^^

Re: No title

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

> どちらが本当の看板なんでしょうね。
> 書き間違えなのか、古い看板だったとして濁点が消えていたのか
> はたまた イタリアンでもピザ専門のお店でもなかったら
> 笑えますが(笑)

どうなんでしょうね。
風化具合も同じように見えたので同時期に書いたものだと思うんです。
「ザ」と「ツ」なんでねぇ、でもどっちでも間違いじゃないとは思うんですけどね。
でも、こんな些細なことでも「次、寄ってみようかな?」って思うので、なかなか巧みな作戦なのかもしれませんね。^^

> 鴨そばに、白菜が入っているのは珍しいですね。
> 普通は鴨と葱ぐらいしか入っていないので
> 寂しい感じはしていましたが
> 嬉しい反面、白菜の水分の影響で
> 汁の濃さにムラがあるのは残念ポイントですね。
> 私もそう思います、温かいお蕎麦は
> 少し濃いめの方が美味しいですよね。
> こちらのお店、うどんやラーメンもあるなんて
> 珍しいお店ですね^^

食べログかなにかのレビューではラーメンは一口目では気づかないぐらいのわずかなつゆのちがいがあるそうです。
つゆが薄い以外は白菜なんかも歯ごたえがあって食感的なアクセントとなって美味しかったです。
たぶん、自分の時がもっとも薄いバージョンだったのではないかなと思います。
その期待をこめて、また暖かい方の鴨そばとラーメンを食べに行きたいなと思ってるんですよね。

確かに珍しいお店ですし、このパターンにはハズレの店が多いんですけど、美味しかったし、人気店らしいですよ。^^
コメントありがとうございます!
非公開コメント