クマ論争

友人と話す。
クマについて話す。
問題はイントネーションだ。
実は『さまぁ~ず×さまぁ~ず』を見たときに、「靴」や「熊」などのイントネーションが最近違うと話していた。
要は、東京生まれで東京育ちのさまぁ~ずの二人は、「靴」は「ク」が低くて「ツ」が高いというのだ。
熊も同様。
しかし、今はどちらも最初が高く、後ろが低い。
プーさんにつける場合には、万人がそれと同じように前を高く「くまのプーさん」と言うことだろう。
実際、自分も靴、熊はよく後ろを高くいう。
けれど、「これは方言なのかな?」と思っていた。
もちろん、話の流れでは一音目を高く言う場合もある。
つまり、どっちも使っている。
ただ、さまぁ~ずの二人に言わせると、二音目が高いのが標準だというのだ。
これを友人に伝えたところ、論争になった。
ちなみに、友人の反論材料としては「クマ」を二音目を高く言ってしまうと、目の下にできるモノと区別がつかないということだった。
とりあえず、こちらの抗弁としては「じゃあ、ハシは?」というものだった。
これには自分としては若干の引っかけをいれていた。
友人はそれに見事にはまり、自信たっぷりに言った。
「ハシだってそうじゃん!」と。
「じゃあ、チョップスティックスの『箸』は?」
友人は一音目を高く言う。
「では、ブリッジの『橋』は?」
友人が得意満面に二音目を高く言う。
ここまで、自分はあえて『箸』と『橋』をテーブルに形を作ってあらわしていた。
最初の箸は中央に、二番目の橋はテーブル右端と中央の中間地点に作って見せていた。
どうだといわんばかりの友人に、「じゃあ」と言ってテーブルの右端を指差して『端』は? と問うと、「は?」と聞き返す。
「だから、端っこの端は?」
「端」と発音するが、それは橋と同じような発音である。
「うーん」唸る友人。
「だから、同じ音でも別に話す内容で区別はつくし、実際同じようなイントネーションの同音異字もあるんだって」
と説明。
ただ論争と言っても、こちらも根拠は東京生まれ東京育ちの二人だけで調べたわけではない。
つけいる隙はいくらでもあったので、結局は後で調べるということで落ち着いた。
調べてみると、正確かどうかはしっかりとした根拠はないものの、多いのは二音目が高いのが正しい標準語であるということのようであった。
ただ、辞書には両方のイントネーションをよしとするものもあるようなので、混在しており一般化しているのは事実のようだった。
ただ、『箸』と『橋』と『端』についてはこのように分かれるらしい。

1. ̄|_ (_)

2._| ̄|(_)

3._| ̄ ( ̄)

順番どおりに1.が箸、2.が橋、3.が端のイントネーションになるらしい。
単語で発すると2.と3.に違いは無いが、「はしが」と助詞などをつけると助詞の部分の高低で分かれるらしい。
つまり、2.は2音目が高いが、その後の助詞は低くなる。
3.は2音目と同じように助詞も高いままとなる。
言葉にしてみると確かにその通りだから納得できる。
真偽の方を追求はしていないけれど、正しいっぽい。
ちなみに、ニュースなどで確認しようとしたところ、どうもこの辺りのイントネーションなどは概ねNHKが検討する機関を持っていたりするので、そこに右倣えする傾向にあるようだが、全部言葉に対して統一されてNHKに倣っているわけではないらしい。
つまり、放送局ごとに独自に決めていいらしい。
確かに、地方局でのニュース番組ではおかしいだろうが、地域の情報番組などでは方言よりに発音した方が親しみ易いということもあるだろう。
そういう意味でも裁量権を与えているのかもしれない。
クマも同様なようで、キー局でも高低あるいは低高といっている例が動画サイトから見つけることができた。
クマ論争は完全な決着は見なかったし、必要もないのかもしれない。
前述したように、プーさんに付けるときには明らかに高低だし、自分が普通に言う場合には低高だし。
どっちと決めても使うシチュエーションや前後の言葉によって違ってくるのは確かだと思う。
それよりも、放送局ごとに裁量権が認められている点や、東京でも元から東京に生まれた人が「おかしいな」と思うような標準語が若い人たちには標準として受け入れられていることが面白く思った。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

イントネーションって、正解と不正解
方言やなまりなど色々ありますが、
結局のところ、会話の中で相手に伝わればいいんですよね^^
そうそう、1,2,3の「はし」は、私もそのイントネーションでした。
電脳高架橋さんの思うように、シチュエーションや
前後の言葉によって変わるっていうのはわかる気がします。

偶然にも今日学校で、
千葉県にある「幕張」という場所のイントネーションの話になって
低→高 という人と、高→低 という人と別れました。
結局どちらが正解なのか、誰もわかりませんでした(笑)

そういえば、一時期とても気になっていたのは
「彼氏」と言う時、高→低 が普通だったのに、
いつの間にか若い人達の間で
低→高 になっていたのが、なんだか嫌でした。
なんだろう、ヤンキー言葉みたいなイメージがしてしまう ^^;

イントネーションの違いって、話す言葉が同じだったとしても
相手に与える印象って変わるものですね。

Re: No title

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

> イントネーションって、正解と不正解
> 方言やなまりなど色々ありますが、
> 結局のところ、会話の中で相手に伝わればいいんですよね^^

本当にそうだと思います。
言語学や民俗学とか学術的な研究をしているわけではないですからね。
そして、新しいイントネーションが混在するようになったりして、言葉が変遷していくとその時代の雰囲気や流行などが言葉に残っていくんだと思います。

> そうそう、1,2,3の「はし」は、私もそのイントネーションでした。
> 電脳高架橋さんの思うように、シチュエーションや
> 前後の言葉によって変わるっていうのはわかる気がします。

同じだったんですね、安心しました。

> 偶然にも今日学校で、
> 千葉県にある「幕張」という場所のイントネーションの話になって
> 低→高 という人と、高→低 という人と別れました。
> 結局どちらが正解なのか、誰もわかりませんでした(笑)

ローカルなイントネーション問題は正解が判別しづらくて釈然としなかったりしますよね。
『くまモン』問題とか知ってますか?
そうです、あのゆるキャラの雄、くまモンです。
熊本では『くまモン』のイントネーションで熊本の放送局が二派に分かれたとか。
あれは決着ついたんですかね。

> そういえば、一時期とても気になっていたのは
> 「彼氏」と言う時、高→低 が普通だったのに、
> いつの間にか若い人達の間で
> 低→高 になっていたのが、なんだか嫌でした。
> なんだろう、ヤンキー言葉みたいなイメージがしてしまう ^^;

よくわかります。
『彼氏がぁ』とか語尾がしゃくりあげるように発音されるイメージありますよね。^^

> イントネーションの違いって、話す言葉が同じだったとしても
> 相手に与える印象って変わるものですね。

本当にそうですね。
そういう意味では誤解されるようなイントネーションについては気をつけたいですね。
コメントありがとうございます!

No title

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^ なんて、
ほんとは「おはようございます」なんですけれど・・

「くまモン」問題は知りませんでした!
「くまモン」と口に出してみましたが
自然に1つのイントネーションしかわからないのですが
他にもあったのかと、驚きです。
高→低以外だと、なまる気が^^;
イントネーションによって、そのものを別のものに感じさせてしまいますね(笑)

こちらで有名な「ふなっしー」も、別のイントネーションだったとしたら
しっくりこないんだと思います。
あと、最初に耳にしたイントネーションがインプットされて
後から別のを聞くと受け入れられない、変な感じがしてしまいますよね。

それと最新の記事で拝見した、自動販売機
そんなに薄いものがあるとは!
横から見る習慣がないので、今度見てみます^^
駅などでは、タッチパネル、スイカなどで利用できたりと
昔では考えられない進化ですよね^^

Re: No title

yukoさんへ

> こんにちは^^ なんて、
> ほんとは「おはようございます」なんですけれど・・

おはようございます!
そして、こんにちは!

> 「くまモン」問題は知りませんでした!
> 「くまモン」と口に出してみましたが
> 自然に1つのイントネーションしかわからないのですが
> 他にもあったのかと、驚きです。
> 高→低以外だと、なまる気が^^;
> イントネーションによって、そのものを別のものに感じさせてしまいますね(笑)

ちなみに、くまモンは低く、平坦な感じで『くまモン』というのがもう一つの方の主張だそうで、そちらの方が熊本弁に近いんだそうです。
地元熊本のテレビ局でも二派に分かれているようで、統一されてないらしいです。
しかも面白いのはくまモンを命名した人は一般的に言われている高低のイントネーションで命名したと言っていますが、くまモンの公式ツイッターでは「熊本弁らしく抑揚なしで平べったくがいいかモン」とこれまた意見が分かれているそうです。^^

> こちらで有名な「ふなっしー」も、別のイントネーションだったとしたら
> しっくりこないんだと思います。
> あと、最初に耳にしたイントネーションがインプットされて
> 後から別のを聞くと受け入れられない、変な感じがしてしまいますよね。

確かに。
でもふなっしーは本人が連呼してるんで意見が分かれる心配はなさそうですね。^^
イントネーションではないのですが、中学のときにコカ・コーラを『コーク』っていうヤツがいてその言い方は受け入れられなかったなあ。

> それと最新の記事で拝見した、自動販売機
> そんなに薄いものがあるとは!
> 横から見る習慣がないので、今度見てみます^^
> 駅などでは、タッチパネル、スイカなどで利用できたりと
> 昔では考えられない進化ですよね^^

本当に自動販売機は何気に進化してますよね。
喋る自動販売機はできて久しいですけど、最近は地元の言葉で喋ったりとマイナーチェンジを繰り返したりもしているようですね。
ただ、それを知らずによるとかに人通りの少ない道の自動販売機で買って、喋られたりするとビクッってなりそうですね。^^
コメントありがとうございます!
非公開コメント