大福はスクラミングバブル(山形紀行)

先日行った山形のことを文章にて書いてみようかと思います。
既に話したとおり、山形へは7時ぐらいに出発する予定だったが、職場の同僚の助言により、急遽仕事後に直接一緒に行く友人宅へ。
寝起きを襲われた友人は、慌てて支度をしてくれて無事6時40分ごろ友人宅を出発。
すでに通勤ラッシュの兆しの見える仙台市内を間一髪かわし、286号線で山形へ。
このコースで行くと笹谷峠を通るか高速で笹谷トンネルだけを抜けることとなる。
料金は200円程度。
友人はETC機を搭載していたが、まさか高速を使うとは思っていなかったから、ETCカードを機械に挿入していない。
慌てる車内。
しかし、そこはそれ冷静沈着、電光石火、有給休暇(いっとくが取ってないからな)の自分がスパッとヤツのカバンの中から財布を出し、スパッとETCカードを出し、落とし、見つからなくなり、車を料金所の手前の駐車場に入れて、二人であたふたカードを探して、発見!
カードを挿入して、料金所を通過して事なきを得る(?)。
笹谷トンネル内に県境がある。
笹谷トンネルを出ればそこは山形だ!
ちょっと走れば山形市内へ。
県庁の前を通過して山形駅方面へ向かう。
山形駅ももう見えているぐらいで右折、一方通行の道をずーっと行くと旧県庁の建物が見えてくる。
これもその手前を左折。
すると最初の目的地『あんびん』が見えてくる。
むかしからあるであろう、年季の入った店舗のならびに小さな立て看板に赤地に黒で『あんびん』の文字。
引き戸を開けて入ろうとすると、買い終えたお客さんがビニール袋に3パックぐらい入っていただろうか、大福をもって出てくる。
このお店のお品書きは簡単だ。
あるのは大福ただ一つ。
メニューに書いているのは、『5個で540円、10個で1080円、15個で...』と言うことだけだ。
つまり、税抜き1個100円。
とりあえず、まだまだお店を回るつもりの自分達は、「おいくつですかぁ?」と店員さんに聞かれ「5つください」と咄嗟に答える。
スーパーの惣菜コーナーに備えられているようなプラスチックの入れ物にすでに5個が入っている。
おそらくは5個ずつのパックがたくさんおいてあるのだろう。
すぐにその一つをとってビニール袋に入れて渡してくれる。
ちょっと、中身をのぞいてみると普通の大福が丸いのに対し、あんびんの大福にはフリルがついている。
見た目はスクラミングバブルの下のたわしを取ったような形。
もしくは空に浮いていたら未確認飛行物体?
しかし、店を出てすぐまたもや窮地に追い込まれる。
「ぼ、膀胱が...」
「あ?」
「パンパンです...」
さっきまでは『ちょっとしたらトイレにでも行きたいかなぁ』だった自分の膀胱が、いまやパンパンに。
「すぐにって言ってもなあ。コンビニあったけど...」
そう、来るときにコンビには2・3件あったものの駅前の繁華街にあるコンビニ。
何件かまわるもののどこもトイレがない。
「大きな駐車場とかにはトイレあったりするんじゃないか?」
視線の先にそう見える駐車場を見ながら友人が言う。
が、自分には確証は持てなかったし、ひそかに期待しているコンビニがあった。
だから、「いや、向こうにあったサンクスに行ってみよう」と友人を促す。
サンクスがあったかどうかも見ていなかった友人は怪訝な顔をしていたが、事態は刻一刻と確実に切迫していた。
サンクスに着き、入った瞬間友人はトイレがあることを確信したという。
というのも、店内で飲食できるテーブルと椅子が何脚か用意されていたからだ。
案の定、トイレがあり事なきを得たが、かなり自分の膀胱には無理をさせたようだった。
が、まだレッドゾーンには入っていなかったと思う。
経験がお有りかどうかはわからないが、本当にギリギリまで行くと『よし! 出ろ!』と思ってもなぜかでない。
出たら何かおかしなことになる、どこかからだの組織を痛める事になるという予感めいた緊張感があるのだ。
その後、チョロチョロとおとなしめな出方をして、これ以後はこんな感じでしか排尿できないのではないかという不安が首をもたげる。
恐ろしい状態。
今回はそこまでは行かなかった。
よかった。
そのコンビニでコイケヤのポテチの『バナナ味』と、カルビーのじゃがりこ『うま辛チキン』を買った。
『バナナ味』の他に『もも味』もあるらしい。
食べてみたかった。
バナナ味は、ポテチの歯ごたえのバナナチップスを食べているようでそれなりに美味しかった。
そして、いよいよ『あんびん』の大福『スクラミングバブル』のお味だが、友人曰く、ここら辺にゆっくり車を止められるところはないから、次の店の駐車場があればそこで食べようと言う事になり、東京に本店があるという天然モノのたいやきがウリのたいやきわかばへと向かう事にした。

ちなみに、ご存知の方も多いかと思われるがたい焼きの『天然モノ』と『養殖モノ』とは一匹ごとに焼く器具を使って焼くのが天然モノで、よくみる一気に複数のたい焼きを焼く器具を使って焼くのが養殖モノなのだ。
一匹、一匹に火加減を細かく調節する事ができる天然モノの方が時間と手間はかかるものの総じて美味しいからと思われる。

それはさておき、『あんびん』の大福、わかばのたいやきはまた次回。

補足写真

20150525signal02.jpg
こっち向きの信号全部青!

20150525apple01.jpg
あんびんはアッチ!

20150525anbin01.jpg

20150525anbin02.jpg

20150525anbindai01.jpg

20150525anbindai02.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメント

クリソツです^^

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

山形、いいですね。
さくらんぼ好きなんですけれど、
一度も行ったことがありません。

「あんびん」さんの大福、とても美味しそうですね。
ほんとですね、スクラミングバブルにしか見えないです(笑)
「わたぼうし あんびん」と書かれている正面の看板
この大福の形は、ほんとは帽子なんでしょうか?

電脳高架橋さんいわく、「フリルの部分」が
得した気分になりますね(笑)
お味も気になります。

「たいやき わかば」さんは東京に本店があるということなので
気になって調べちゃいました(笑)
そしたら四ツ谷でしたかぁ。
うちからだと、ちょっと遠いい^^;
一つ一つ丁寧に焼き上げられたたい焼き
とても美味しそうですね!

大福5個とたい焼き(まさか1個ずつですよね?)を
ご友人と食べきったのかどうかが
やたら気になっている私です(笑)

膀胱はたまり過ぎると、出が悪くなりますよね。
そして出来るまで時間がかかり、またすぐトイレに行きたくなりますよね。 間に合ってよかったです^^





Re: クリソツです^^

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

> 山形、いいですね。
> さくらんぼ好きなんですけれど、
> 一度も行ったことがありません。

山形、いいところですよ!
東根市というところを走っていると、通り過ぎる木のほとんどがさくらんぼの木かっていうぐらいたくさん見られます。
直売所などではさくらんぼ、もも、ぶどうなどさまざまなフルーツが売られていて、まさにフルーツ王国です。
ちょっと北の方になってしまうんですが、尾花沢というこの辺ではちょっと有名なスイカの産地もあります。

> 「あんびん」さんの大福、とても美味しそうですね。
> ほんとですね、スクラミングバブルにしか見えないです(笑)
> 「わたぼうし あんびん」と書かれている正面の看板
> この大福の形は、ほんとは帽子なんでしょうか?

yukoさんに言われてはじめて気づきましたがそういう意味合いもあるのかもしれませんね。
自分にとってはスクラミングバブル君ですけど。

> 電脳高架橋さんいわく、「フリルの部分」が
> 得した気分になりますね(笑)
> お味も気になります。

そうですね。
このフリルがバカにならないくらい餅の存在感は大きいですよ。
ぜひ、食べてみてもらいたいですけどね。
山形でも10時ぐらいだと怪しいぐらいすぐに売切れてしまうようで、なかなかレア感です。

> 「たいやき わかば」さんは東京に本店があるということなので
> 気になって調べちゃいました(笑)
> そしたら四ツ谷でしたかぁ。
> うちからだと、ちょっと遠いい^^;
> 一つ一つ丁寧に焼き上げられたたい焼き
> とても美味しそうですね!

近かったらよかったんですけどね。
美味しそうですよねぇ...。

> 大福5個とたい焼き(まさか1個ずつですよね?)を
> ご友人と食べきったのかどうかが
> やたら気になっている私です(笑)

次回にはそこらへん書いているので、今しばらくお待ちください。

> 膀胱はたまり過ぎると、出が悪くなりますよね。
> そして出来るまで時間がかかり、またすぐトイレに行きたくなりますよね。 間に合ってよかったです^^

本当に、自分の尿意を甘く見てました。
トイレは行けるときにきちっと行くですね。
コメントありがとうございます!
非公開コメント