内閣総理大臣さんってぇ。

現内閣総理大臣さんって、最初になった時には体調がよくなかったのか目立たない印象でしたが、最近は精力的と言う言葉よりも、元気にという言葉が似合うような印象でがんばっておられますよね。
政策などをここでどうこう言ってもしようがないので書く気はないんですけど、安保法制がいよいよとなってからはさらに婉曲な物言いが増えてきましたね。
「はい」「いいえ」ではなく、「なになにに照らして導き出される」とか言質をとられたくない見事な政治家らしい物言いになってきましたね。
ただでさえ、政治に明確な正解・不正解はないし、『一事が万事──』というのが政治。
総理大臣や議員を辞めた後などよほどの事がなければ責任を問われる事もない。
よほどの事にしなければいい。
ただ、明言しているところはなぜか国民や企業の自助努力がものをいうところ。
いいぞ!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント