炎症なのか...

数日前、ふと何気に目頭の辺りを押したら少し腫れているようだった。
押すと痛い。
炎症を起こしているような感じだった。
目頭のほうといえば涙管、さらにその先は涙腺。
そんな事があるのかどうかはわからないが、最近でも涙管のほうにいって炎症でも起こしたのだろうかと思う。
痛いのは右目のほうだけだ。
これは一大事だが、総じて男は医者嫌いな人が多い。
自分も類にはもれない。
様子を見るかと思うも、結局頻繁に気になって押しては痛い、押しては痛いの繰り返し。
3日目ぐらいに、覚悟を決め、目であればこじらせれば大変な事にだってなるのだと思い眼科に行く事を決意する。
その瞬間、一週間ぐらい前に吊り棚の角にしたたかに目頭の辺りを打ったことを思い出す。
いや、眼科に行ってからでなくてよかった。
そんな、お間抜けな話をいつものコンビニ店員さんにする。
笑って聞いてくれたものの、真顔になって、
『でも、ぶつけたとき目に入らなくてよかったですね』
といわれる。

ホントだ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

目、大変でしたね。
ぶつけた事を忘れていたなんて、電脳高架橋さんらしくないと
思ってしまいました^^;

わかります、押しては痛い、押しては痛いと確認するあたりは
私も同じタイプです(笑)

コンビニ店員さんも言っているように、目に吊り棚の角が入らなくて
本当によかったと思います。
大事にいたらなくてよかったと思いますが、今ある炎症も
早くよくなるといいですね。

そういえば、男性の病院嫌いの原因って何なんでしょうか?
私の場合は、病院へ行くとお金がかかるということが嫌いです。

Re: No title

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

ご心配いただき、ありがとうございます。
大事無いので、もはや腫れもありません。
意外に怪我なんかは忘れている事が多いですよ。
お間抜けさんなので^^

yukoさんもそういうタイプなんですね!

そうですね、そこそこ勢いよくぶつかったので、目に入って眼球を傷つけていたらヤバかったかもしれませんね。
ちょっと前の話なので、すでに感知しております。
まったく問題なしですので、ご心配なく。
ありがとうございます!

自分としては大分以前に書いたことがあるのですが、仕方ないとは思うのですが、お医者さんって結果が出てから結果論で言ったり、医者だからわかるんでしょ?ってことを常識のようにいうのが、ちょっと面倒くさいんですよね。
スキーなどで頭を打ったので、一応見てもらおうかな?と念のため医者に行き、その旨を伝え、決して「大丈夫ですか、本当に大丈夫ですか」とか疑ったりもしているわけではなく、「アイスバーンとかよほど固いところに強くぶつけなければ大丈夫だと思いますよ」という医者の言葉に、「ああ、そうなんですね」と明るく応じたにも関わらず、帰りがけに「あまりナーバスにならないで下さい」と言われたり、かと思うと『ナーバスになったらいけないな』と痛みが多少あっても医者に行かず、これはちょっと動くのにも支障が出るレベルだからというまで我慢していったら、「なんでこんなになるまでほっといたの! もっと早く来なきゃダメでしょう!」としかられる。もちろん、同じ医師ではないからしようがないのもわかるけど、『こっちは医者じゃないからそんな判断なんかつくわけないだろ!』って言いたくなるんですよね。
待ち時間が長いのも嫌で、しかもそれも仕方のないことじゃないですか。
文句言えないから余計になんかイライラしちゃったりしてダメなんですよね。

一般論で言うと、男性は比較的本質的に臆病で、しかも自分の力の範囲外(自分ではどうにもできないこと)になると恐れる傾向があると思うんですよね。
遊園地のジェットコースターなど男性の方が楽しめない人が多いのはその傾向じゃないでしょうか。
逆に、同じようなものでもレースカーなど自分が操縦する、自分がなんとか出来る部分がある場合はそうでもないように思うんですよね。
なんともならないのに、なんとかしたくて、よく女性が平気なのを『なんであれが安全だと思えるのかわからない。あんなのちょっと車輪が壊れたらもうどうにも出来ないんだぞ!』と力説する人いますよね。^^
病気も結局、生死にかかわり、自分では確実に直せる可能性が少ないから、医者に言って病気と診断されたくないんじゃないですかね。
どうにも出来ないと言う意味では注射とかもありますよね。
あれもどうにも出来ない。
あと、お医者さんに制限をかけられるのがいやと言うのもあるのかもしれませんね。
医者が制限をかける場合って多くの場合が、やりすぎによるものが多い。
でも、そんなにやりすぎるのはそれが好きだから。
それを制限される。いやだ。
医者に行かなければ、制限されない。
行きたくない。
そういうこともある気がします。
結局、子供っぽいところがあるから、自分のためでも窮屈になるならそこから逃げたい。
逃げる先が行き止まりでも、ギリギリまで自由を謳歌したいという思考回路なのかもしれませんね。
女性から見たら、早いうちに医者に言って直したほうがいいのにと思われても逃げたいんじゃないですかね。
自分も含め、そんな気がします。^^

長くなっちゃってすみません。
コメントありがとうございます!
非公開コメント