ジャガジャーン!

仲良しのコンビニ店員さんは、意外と...でもないけど生活圏がカブッているらしくスーパーや店、車ですれ違うなどよくある。
外で会うとどちらにも時間制限がない場合が多いのでかなり話し込んでしまったりする。
梅干はかなり克服してきたらしい。
とはいえ、すっぱい梅干本体はいまだに覚悟が必要だし、苦労するらしい。
以前書いたときも、店員さんは昔は食べられなかった弁当の梅干のあった部分の赤いご飯が余裕で食べられるようになりましたといっていた。
今回もそれはもう余裕で食べられるようになりましたと言っていた。
しかも、詳しく聞いてみるとほとんど進展がないような内容なのだが、大分進歩したていで話している。
結構、時間も経っているので忘れているのと、自分の克服成果をやや誇張して言っているので、余裕と言ってもおそらく店員さんの中でギリギリなのを余裕といっているのと、現在は本当に苦もなく食べられるようになったという度合いの違いがあるんだと思う。
そういうところが、自分が気持ちもわかるし人間味があって、この店員さんを憎めないところと言うか大好きなところなのだ。
それにそれを「すごいですね」と聞いているとどんどん意欲を出してがんばろうとするところが子供のように素直でうらやましくなってくる。

それはさておき、そんなこんなでよく会うものだから店で会っても、外で会っても陽気に声をかけてくれるし、最近では『ジャガジャーン!』とジングルつきで登場してくれる。
ただ、その『ジャガジャーン!』の音程がどう考えても、ミスチルの『名もなき詩』なのだ。
『ちょっとぐらいのよごれものならば~♪』の直前の音なんですが、皆さんお分かりでしょうか?
百歩譲ったら、テレビドラマの『東京ラブストーリー』の衝撃的なシーンに出くわしたときの音楽。
わかりますか?
だから、こっちとしては登場のたびに歌い出したくなって仕方がない。
頼むから、もうちっとオリジナリティーに溢れるやつに変えていただきたいのだ。
実際、店員さんにもツッコンで見たけど、笑い流されただけだった。
当然、次からも同じ音楽で登場する。
深刻ではないフラストレーションが溜まりまくりです。
なんとかいい解決策はないものでしょうか?
相談員の皆さん、仁鶴師匠、よろしくお願いします!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

電脳高架橋さんへ

こんにちは^^

いつものコンビニ店員さん、梅干頑張ってますね^^
電脳高架橋さんが聞き上手だから、もっともっと話したくて
電脳高架橋さんが褒め上手だから、もっともっと頑張ろうって
ほんとですね、子どもみたいです。お茶目すぎです店員さん(笑)

『ジャガジャーン!』については・・・笑
凄いですよね、他のお客さんは見たりしませんか?
店員さんからの『ジャガジャーン!』が出るより先に
電脳高架橋さんが『ジャガジャーン!』しちゃうのはどうでしょう?
いやいや、恥ずかしいから(笑)
「他のバージョンはあるんですか?」なんて聞いてみると
サービス心旺盛な店員さんぽいので
他のバージョンをいっぱい出してきそうな気がしないでもないです^^

Re: No title

yukoさんへ

> こんにちは^^

こんにちは!

そうなんです、がんばっているみたいです。
店内で話しこんでいる姿をよく見るので、お茶目で人気の店員さんです。
誰に対しても明るく楽しく接してくれるいい人ですよ。

一応、それは自分にだけやってくれているようで、お店では早朝で人がいないときを見計らってやります。
外では意外と恥ずかしいとかはないみたいで、普通にちょっと離れたところでも大きな声で登場しますよ。^^
まあ、自分もそれほどそういうことであまり周囲に迷惑になるようなことは気をつけますけど恥ずかしいとはあまり思わないので、ゲラゲラと応じているので、余計に向こうもてらいなくやるのかもしれません。
なので、yukoさんが考えてくれた方法二つとも試してみたいと思います。
ただ、あの人の自分を発見する力がすごいので先手を取れるかが難しいところですね。
笑福亭yukoさん、ズバッと回答ありがとうございました!
そして、いつもコメントありがとうございます!
非公開コメント