結局はバタバタ

なんだろう?
毎年の事なのに。
結果がわかっているのに、年賀はがきが発売になると、さわさわとした焦りが生活の中で心の一部を微妙に支配する。
さわさわしてるけれど、やらない。
やりたいと思っているけれど、やらない。
結局は、やらない。
そしていつものように年の瀬にバタバタ。
年賀はがきの受付が開始されて数日のうちに毎年きちっと投函されている人にもちょっとはそんなさわさわ感があるんだろうか?
筆まめだったり、毎年変わらないようでいて心のこもった年賀状を送ってくれる人って、絶対なれないけれど理想ですね。

関連記事
スポンサーサイト