天気の話

20151119etc-3.jpg

自分の闇はわからない。
というよりも、闇ではないのかもしれない。
だって、人それぞれ生きている明るさは違うのだから。
他人からみたら暗黒だって、そこにはほのかな灯火があるのかも。
その人にとっては、それが生きていく明るさなんだ。
どんなに暗く見えても。
けれど、不用意にその灯火を見ようとする他人は、その光に囚われてしまうかも知れない。
元の明るさが明るすぎて、その暗闇を抜け出す事ができなくなるかもしれない。
だから、人は他人の灯火に、すくなくとも自分より暗いと思える灯火に近づこうとはしない。
賢いけれど、やさしくはない。
脆弱さを知っているけれど、強さを求めはしない。
それでいい。
自分みたいに覚悟できない人には。
稀に、そんな事などお構いなしの自由でいられる人もいるね。

関連記事
スポンサーサイト