名古屋台湾ラーメンで野菜炒め

20151227taiwan-1.jpg

野菜炒めチャレンジ!
今回はニュータッチの凄麺シリーズの『名古屋 台湾ラーメン』です。
こちらのラーメンは細めんなのに熱湯5分のツワモノ。
ひき肉、にらなどが入ったスタミナタイプのラーメンで辛いです。
辛いものが苦手な人は避けたほうがいいかも。
ちなみに、岩手県の花巻の南端にあるラーメン屋さんにさかえ屋さんという『満州にらラーメン』が名物のお店があります。
近隣にある富士大学の学生がおもなターゲットなので昼の4時間ぐらいしか営業していないというお店。
そこの満州にらラーメンを思い出させる味で、自分はそのラーメンが大好きなので、遠くであまりいけないのでこれを発見したときにはちょっと小躍り、つまりミニ躍りぐらいかなしました。
知っている方は参考に。
辛味とわずかに酸味のあるラーメンです。

このスープで野菜炒めを作るわけですから、今回はちょっと期待大。

20151227taiwan-2.jpg

作ってみてビックリしましたが、やっぱり炒め物って材料が一緒だと見た目がそう変わらない。
くれぐれも言っておきますけれど、写真は前回の使い回しではございません。

20151227taiwan-3.jpg

これは期待感が激減しましたが...

20151227taiwan-4.jpg

おっ、食べたら前回の龍上海はどことなく全体的に一味たりない感じでしたが、今回は逆に一味多くてとんがっている感じ。
辛味も酸味もがっちり野菜にのっていて、最初はちょっと刺々しい味にも感じましたが、食べなれてくるとクセになりそうなお味。
辛味が前面に出た野菜炒めとなりました。
とはいえ、辛い物がよほど苦手でなければ辛すぎるという意味の前面ではないですよ。
めちゃ、中華の野菜炒めって感じです。

これはアリでした。^^
ご覧いただきましてありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト