ラーメンチケット⑪ 『そば処 蕃山』

2016012banzan-9.jpg

今回のラーメンチケットは『そば処 蕃山』さんへ行ってきました!
看板にも『そば・天婦羅・丼』と書いてありますね。

2016012banzan-8.jpg

さて、このそばがいわゆる中華そば、支那そばなどの意味でのそばではなく、そば粉を打った正真正銘の『蕎麦』です。
ただ、いろいろ出しているようで、うどんもラーメンもあるお店みたいです。

2016012banzan-10.jpg

お店も大きく、写真のように店の両側に駐車場もあります。

2016012banzan-2.jpg

メニューも種類は多くはありませんし、メインはやはり蕎麦なのですが、『鴨ラーメン』と『鶏ラーメン』の二種類のラーメンメニューがあります。

2016012banzan-1.jpg

これでラーメンチケットに載せようと言うのも大胆な感じもしますが、これが自分のあなどりだと気づかされます。

2016012banzan-3.jpg

入ると開店したばかりという事もあって、活気はそれほどなかったですが、接客は親切丁寧でした。
まずは蕎麦茶と蕎麦かりんとうなるものを出してくれます。
蕎麦の香りが香ばしくかおる、まったく甘くないのについつい手が出てしまう蕎麦かりんとう。
美味しかったです。

2016012banzan-4.jpg

そして、あっという間に蕎麦かりんとうを食べきってしまうと、基本的にはセルフサービスとなっているらしい入り口付近のショーケースからお漬物を取って出してくれました。
「無料ですのでご自由にどうぞ」と付け加えてくれた店員さんの言葉通り、そのショーケースの数種類のお漬物は蕎麦などを注文されたお客さんには無料で食べ放題のようでした。

2016012banzan-7.jpg

そして、本命の『鴨ラーメン』。
甘めのスープはちょっとそばつゆを髣髴とさせるようなだしと味付けですが、ちゃんとラーメンにあうようになっていて、そこに鴨の脂の甘さが上手くマッチしていてメチャメチャ美味しかったです。
蕎麦好きだからなのか、自分はとても気に入りました。

2016012banzan-5.jpg

こちらは今回急遽写真をお願いした、友人の注文した『つけ鴨そば』麺の量は普通のかけそばなどと比べると1.6倍なのだそうです。

2016012banzan-6.jpg

さすがのそばのボリュームと、海苔のボリューム!
つけ汁は温かく、蕎麦は冷たい水でしめてあります。
こちらも鴨の出汁が出ていて上手いんです。(ちょっと食べさせてもらいました)
蕎麦は普通の太さの蕎麦ですが、ひきぐるみを使ったような色が濃いそば。
そのせいと、つなぎが少なめなせいなのか表面はややボソボソとしている感じですが、鴨のつけ汁のパワーに負けない強い蕎麦で、相性ぴったりでした。
甘さのあるつけ汁なので、味を変えられるようラー油なんかもついていて、残ったつけ汁もおいしくいただけちゃいます。

好みは分かれると思いますが、個人的にはかなり好みの『鴨らーめん』と『つけ鴨そば』でした。
他にも気になるメニューがあり、ぜひともまた訪れたいお店でした!

ちょっと変わった美味しいラーメン、ぜひお近くの方は行ってみて欲しいオススメのお店です!

関連記事
スポンサーサイト