最も効果あるダイエット方法の失敗?

20160200yakei-8.jpg

知人との会話。
「いろいろなダイエット方法があるけど、最も効果があるのは10人ぐらい集めてお金を出し合い、『最も痩せた人がお金総取り!』っていう方法だぞ!」
「なるほど、お金がかかれば具体的な目的意識も持つし、自分のお金を他人に持っていかれたくないという思いもあるしね」
「なにより、1人1万円を出せば、買った人は10万円を手にする事ができる!」
「モチベーションとしてはこれ以上ない動機付けだね」
「競争と言うのもミソになってる」
「ああ、そうか。自分ひとりだと甘えが出るけど、競走ならストイックになれそうな気がする」
「だろ?」
「ただね、一つ怖いのは期間を区切ってやるんだろうけど、結果が出ちゃってからだね」
「そうか?」
「怖いのはリバウンドだね」
「そうか」
「もしも勝ってお金総取りはいいけど、目的を失ったら怠惰な自分が残るだけなんじゃないか? あぶくゼニも手に入るから、パーッと飲みにでもとか、焼肉にでもなんてことも考えられる。」
「でも、続けてまた仕切りなおしでやればいいだろ!」
「あのね、他のみんなはタダで1万円失ってるんだよ。僅差で2位に甘んじた人など、今度こそって思える人はいいけど、そうでもない人たちは、自分を知るだろうし、そう度々1万円を巻き上げられてちゃ割が合わないと思うだろうさ」
「そうかあ、でも他の人を探せば」
「そんなねずみ講みたいな事したって、普通の人間はそれほど多くの人と近しく付き合ってないって。それに本人だって、リバウンドしてからならまだしも、即日始められちゃったらダイエットした状態だから無理が利かないから、やりたくないでしょ! 負け試合に挑むようなもんだからね」
「他の人も、ちょっとはダイエット状態にある。日を改めてってなるのか」
「上位の人たちはそう! でも下位の人たちは逆を望むんじゃないだろうか? そしてしまいには、開始日を決めて、それまでみんな太ろうとがんばるようになっちゃうかもよ。ダイエットの副産物の賞金がメインになっちゃうんじゃ意味がないよ」
「どうかなぁ。飛躍しすぎてる気もするけど」
「そう?」
「まあ、どっちにしろ、上手くいかない。俺、前にやろうとしたことあるんだ。けど、人集めてやるぞって話になったんだ。で、減った量か割合かって話し合いになって、当然、割合になったんだが、じゃあ、今の体重は?って聞いたら、みんなが『それは言えない』ってことになって成立しなかった。」
「男のクセに?」
「いや、女もいたんだよ。男でも言いたくないやつもいたけど。結局、ダイエットって興味をひくのは女が多いから、女の方が多くてね」
「なるほど。上手くいかないものだね」
「いい方法なんだがねぇ」
「まったくねぇ」

皆さんもダイエットを望まれる方、お仲間と試してみては?
でも、その前に賭博罪?

関連記事
スポンサーサイト