ラーメンチケット43 『中華そば 三太 山田店』

今回のラーメンチケットは『中華そば 三太 山田店』で『ワンタンメン』をいただきます。

20160331santa-17.jpg

こちらが『三太』さん。
店前に3台、横に2台、横の道を入って言ったところに5台の駐車スペースがあります。

20160331santa-10.jpg

20160331santa-11.jpg

20160331santa-12.jpg

20160331santa-9.jpg

店内。

20160331santa-1.jpg

メニュー。
基本は中華そばのみです。
ワンタンが入っているのがワンタン麺、メンマがたくさん入っているのがメンマ中華、チャーシューがたくさん入っているのがチャーシュー中華というだけです。
ただ、メンマ中華はどんぶりの2/3を埋め尽くすメンマが圧巻です!

20160331santa-2.jpg

こちらがワンタン麺。
まさに中華そばというビジュアルですよね。

20160331santa-3.jpg

ネギもてんこ盛り。
スープに浮いていないので、スープが澄んで見えて綺麗ですよね。

20160331santa-4.jpg

やっぱり、中華そばにはナルトですよね。

20160331santa-5.jpg

ちょっと変わっているのがメンマ。
細切りです。
歯ごたえは感じられますが、存在感は若干薄いかも。
だた、年配の方でも食べやすそうでした。
今度、メンマ中華でこのメンマをしっかり食べてみたい気がしました。

20160331santa-6.jpg

ワンタン。
広がった皮が、綺麗です。

20160331santa-7.jpg

餡も普通です。
でも、基本に忠実なワンタンと言った感じ。
それだけに期待通りのおいしさでした。

20160331santa-8.jpg

チャーシュー。
こちらも中華そばの典型的なチャーシュー。
最近では個性的なラーメンが多く、こう言ったチャーシューもすくなくなりましたが、意外にこのチャーシューが好きなんですよね。

20160331santa-14.jpg

麺はちぢれの細麺で手打ちの平打ちっぽい感じ。
しかし、かなり細く、ともすればチキンラーメンのような食感です。

20160331santa-15.jpg

このワンタン麺(中華そば)は何かが強烈に美味しいとか、ここが特筆に価するといったものではなく、それぞれがシンプルでかつ真っ当につくられていて、それらがバランスよく集まって独特の優しさあふれる味のハーモニーを奏でているという印象でした。
スープも鶏がら醤油ですが、薄味で優しい感じです。
テーブルには好みに合わせて味の濃さを調節できるように『中華そばもとだれ』なるものがあり、調節できるようになっています。

20160331santa-16.jpg

また、腰や歯ごたえのほとんどない麺が好み出ない方には、乱切り太麺が用意されているので50円増しにはなってしまいますがこちらを注文されてはと思います。

ただ、味は薄味とは言え十分な味がついていると思いました。
とにかく、今回ラーメンチケットで食べた中でダントツ1番の優しい味でした!

ご覧いただきましてありがとうございました。
ラーメンチケットはコレが最後のお店となります。
次回、番外編とエピソードの記事を1つだけ書いてラーメンチケットは終了になります。
お付き合いいただきましてありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント