冷や水危険!

なんだかんだ言ったって、もうおっさんでも通らなくなってきたんじゃないかというアラフィフだから、冷や水は危険。
とはいえ、このまま悪しき生活習慣と同棲生活を続けても、長生きできないだけならまだしも動けなくなったりとか煩わしいことが多そうだ。
ということで、恒例の一念発起(すぐくる挫折はおいといて)。
運動しようじゃないかと思ったんだけど、すでに言ったみたいに若いつもりで冷や水は危険!
もーデインジャラス!!

なので、安全に運動。
どういうことかというと、心臓には適度に負担をかけましょうということで、心拍計機能のあるお安い時計を購入。
3000円ちょいぐらい?
探せば2000円台もありまっせ!
もひとつ探せば1万円を超えるものもございます。
私めの視界には一切入りませんので、検索しても肉眼で認識したことないですが。

こういうやつは今やスマホと連動。
スマホに入れたアプリで細かな設定をしたり、日々のデータを記録したりできるんですけど、いかんせんスマホがない。
けど、時計本体だけでも時刻、歩数計、心拍計の数値は切り替えて見ることができるから特に問題ないだろうと購入。

使用感も悪くないし、心拍計も多少数値がブレてもおおよそは分かる。
問題ない。
買ってよかったと思った。

その瞬間に思ったんだけど、時計が合ってない。
本体にあるボタンはひとつ。

しまった!
時刻あわせもアプリ使用か!
というかスマホの時計と自動で同期するからイチイチ合わせる必要がないということか!
うん、しまった!

どうしよう?
とりあえず、1時間46分進んでるから、引いちゃえばいいんだ。
そうやって使おう。
むしろ脳トレ(死語)的な捉え方でいいじゃないか!
うんうん、体力と脳力と両方一気に鍛えられるね。
いいんだよ、それで。
結果的にはよかったんだよ。
そうだよね、神様?

いまさらながら

20181007manju-6.jpg
撮りに行ったのもおわりかけなら、写真を出すのもこのタイミング。
遅きに失するとはまさにこのこと。^^

20181007manju-5.jpg

20181007manju-7.jpg
こちらは売り物の彼岸花。
さすが、お綺麗でいらっしゃる。

20181007manju-3.jpg
コキアバックで。^^

20181007manju-4.jpg

20181007manju-1.jpg

20181007manju-2.jpg
ということで、彼岸花よりもコルチカムの方がきれいに咲いておりましたとさ。<(_ _)>オアトガヨロシイヨウデ

ずんだまつりで買ってきたもの

20181011zundafes-1.jpg
ずんだ餅
ずんだの緑色が濃いなぁ。

20181011zundafes-7.jpg
こちらは、お餅二個入り。

20181011zundafes-8.jpg
味が濃いのにクセが少なくておいしかった。
お餅も柔らかくてずんだと馴染んでいて一体感あり。
ちゅるんと飲み込みそうになる。

20181011zundafes-2.jpg
これはずんだ大福。

20181011zundafes-5.jpg

20181011zundafes-6.jpg
ぎっしりずんだ!
甘さ控えめ、風味たっぷりでおいしい。
こっちはずんだ餅よりもずんだの粒々がおさえられて滑らかな餡。
うまいねぇ~。

20181011zundafes-9.jpg
ずんだコロネはクリームがほんのり緑色。
これまた生地のサクサクとなめらかなずんだクリームがあいまっておいしいな。
贅沢を言えば、最近のパン屋さんのパイ生地コロネは売る直前にクリーム入れてくれたりとサクサク感を大切にしているのにくらべれば、こっちは最初からクリームが入っている分、分が悪い。

20181011zundafes-3.jpg
ずんだケーキ。
外観に緑なし。

20181011zundafes-4.jpg
入ってました!
和のイメージの強いずんだだけど、ケーキに入っていてもおいしい。
ずんだ万能!

まさにずんだまつりでした。^^

角田市ずんだまつり

角田市でずんだまつりが開催されるという話を聞いて、早速突撃することにしました。

20181009zundafes-1.jpg
ただ、この日は残念ながら雨のぱらつくお天気。

20181009zundafes-90.jpg
会場は阿武隈急行の角田駅の駅前広場。
駅前のちょっとした広場。
このお天気では閑散としているんじゃないかと思っていってみましたが、会場近くの駐車場はほぼ満車ということで、ちょっとはなれた場所の市役所の臨時駐車場に車を止めることにしました。

でも、市役所からは歩いて12分ぐらいかかるということ。
シャトルバスが出ているってことだったので、シャトルバスを待つことに。
その間にもずんだまつり目当てとおぼしき方々がぞくぞく登場。
数分もすると行列ができました。
そのあたりで、市役所でシャトルバスなどの案内をしている人が、自分が来たときにちょうどシャトルバスが出たばっかりだったといってました。
それは自分以外にシャトルバスを待っている人がいなかったので、想定の範囲内。
それより耳を疑ったのは、大体15分ぐらいで戻ってくるという情報。
歩いて12分。

ってことは歩いた方が早く着くって事じゃないねぇか!!

とは思ったものの、雨の中歩くのも億劫といえば億劫と自分をなだめて待っていました。
やはりというかなんというか、ずんだ目当ての皆さんはご年配の方が多い。
いわゆる、ジジババ。
この方達はなかなか自由。
案内の人も、人生の大先輩の方々に細かいことは言わない。
だから、一番最後に来たはずの老夫婦は一番前で待っている自分の横に場所をとる。
微妙に前に出たりとかね。
狡猾なのは「順番にならばねばねぇ」なんていいながら、一列になんか並ばないあたり。
『ズルっこだ』
とは思うものの、こんな小さなことで争ってもねえと思うから、心の中では順番どおりに乗るのをあきらめる。
まあ、本人には悪気はないのかもしれないからねぇ。

程なく、シャトルバス到着。
扉が開いて我さきにと老夫婦が飛び乗っていくのかと思って、こちらが待っていると、クイクイッと手を振って先にどうぞというようなジェスチャー。
あっ、ちゃんと順番守るんだぁと逆に驚いちゃった。
疑って、そして狡猾なんて思って悪かったですとやはり心の中で謝りながら乗車。

20181009zundafes-3.jpg
そんなこんなで会場到着。
すると、シャトルバス同様、会場も激混み!
小さな会場だからということもあるけど、これほどの人だかりがあるとは。
ずんだまつり、恐るべし。

20181009zundafes-8.jpg

20181009zundafes-7.jpg
どうです、この賑わい。

ただ、不思議だったのはずんだまつりということは、ずんだもちオンリーってことはないにしても出店の半分以上はずんだもちを販売しているだろうと思っていたら、十数店のなかでたった二軒。
あと、二軒が秘伝豆という角田名産と思われる枝豆そのものを販売している。

20181009zundafes-4.jpg
ほかに関係があるといえば、こういったものや

20181009zundafes-2.jpg
こういったものを販売している程度。

20181009zundafes-6.jpg
後は明らかに無関係だろうという食べ物やが軒を並べている。
これ、本当にずんだまつりか?

20181009zundafes-5.jpg
まあ、こういうのはまつりの出店では定番だからいいのかな。
ずんだ一色でも飽きちゃうのはわかる。

でも、もっと驚いたのはそんなずんだもちが飛ぶように売れていること。
人出が多いから当然なんだけれど、一人で650円もするもちが4個入りのパックを10個とか買ってる人がざらにいる。
写真を撮っているうちにもみるみる減っていき、一回りしてさあ何を買おうかなと考えようとする自分の前で、一店はずんだもち売り切れに。
写真にあったずんだシフォンケーキも売り切れに。
どうやら、十分に数を用意しているわけではなさそうだ。
だってまだ、昼近いとはいえ午前中なのに。
そのせいであわてふためく自分。
パニックに。

そこらへんのものを手当たり次第に買いまくって帰宅しましたとさ。
おしまい。

ちなみに、帰りのシャトルバスも待ち、一番乗り。
しかもウソみたいなんだけど、しばらく待っているとあの老夫婦登場。
また、普通に前の方に出張ってきて一番乗りみたいな顔で待ってる。
しかし、案の定シャトルバスが来ると、「先にどうぞ」と譲ってくれる。
譲ってくれるって書いちゃってるけど、順番どおり。
なのに、自分も譲ってもらってる気になるような「先にどうぞ」が今思い出してもちょっと納得がいかない。(笑)
たぶん、ずんだまつりの主なんだな。うんうん。

次回は慌てふためいて買ってきたもの披露です!