肉焼け

20190210meat-1.jpg
ハンバーグを食べました。

20190210meat-3.jpg
ライス、サラダ、スープ付。
なんとなく、スープがやきそばバゴーンっぽいと思うのは私だけでしょうか?

友人との会話の中で、この店の話をしてしまい、友人(20代)が興味を示して、いつか行きたいということで今回行きました。
友人は何に魅かれたのかと言うと...

20190210meat-2.jpg
お分かりでしょうか?
フォークとのサイズを見てもらうとわかるんですが、この鉄板からはみ出さんばかりのハンバーグは1kgハンバーグ。
ちなみに、2kg以上からはチャレンジメニュー。
食べきると、お店の2千円分のお食事券がいただけるとか。
それにしても、所在無さ気なポテトがかわいい。^^

20190210meat-5.jpg
いたって普通のハンバーグ。

20190210meat-6.jpg
でも、厚みはこんだけ。(笑)

20190210meat-7.jpg
なんとか完食しました。(いやぁ、ギリギリだったな)
友人も完食。

ただひとつ、珍しいなと思ったのは何種類かのソースを選べたので、和風を注文。
食いきれる自信がなかったから、味だけでもさっぱりとと思ってのことでした。
だけど、のり、ねぎ、大根おろしがのっていて和風でしたが、ソースはデミグラス。
和風というか和洋折衷でした。
意外とマッチしてました。(*´∀`人 ♪

朝焼け

20190207yoake-3.jpg
最後は朝焼け風景で終わりです。

20190207yoake-1.jpg
どうしてもここら辺だと電柱や鉄塔が所狭しとあります。
ちょっと無粋ですね。

20190207yoake-2.jpg
ならときれいに並んでれば少しは見栄えするかなと取った写真です。

中央にある奥羽山脈が南北に延びていて、その東に位置する仙台では夕焼けが山に沈みます。
朝日は海から昇るので、朝焼けの方が見晴らしのよい写真になります。

同じような写真に、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

夜明け

20190205yoake-2.jpg
夜が明け始めても西のほうは青く、まだ暗い。
ただ、東の空を映す窓だけが激しく赤く輝いています。

20190205yoake-1.jpg
その頃の東の空。

20190205yoake-3.jpg
やがて、日が昇り。

20190205yoake-4.jpg
大気を照らし出す。

20190205yoake-5.jpg
まぶしーって言ってそう。( ̄^ ̄)ゞ

ひっそりとスーパーボウル

野球、サッカーが二大メジャースポーツの日本。
最近では卓球、バドミントン、テニス、フィギュアスケートなんかも人気があるよね。
そういう意味で考えると、やっぱり、日本人が活躍しないと人気が出ない。
当たり前といえば当たり前。

そういう意味ではアメリカンフットボールががアメリカで人気なのは当たり前?
きっと、ここ最近はアメリカに限って言えばスーパーボウルの話題で持ちきりだったろう。
テレビをつければスーパーボウル。

でも、ここは日本。
近辺で盛り上がっているのは私だけ。
ひっそりしたものです。
ど派手な演出と、豪華なハーフタイムショーも見てない人には伝わらない。

だけど、試合は面白かったよ。
3対13のアメリカンフットボールのゲームとしては極端なロースコアゲームだったけど、緊迫してて面白かったです。
ラムズとペイトリオッツの試合。
勝ったのは、やはりペイトリオッツでした。
ペイトリオッツは今回のスーパーボウル制覇で6回目。
これでスティーラーズとならんでスーパーボウル制覇最多の強豪チーム。
しかも、その大半を成し遂げているヘッドコーチのベリチックとQB(クォーターバック)のトム・ブレイディの名コンビが現役。
対するラムズは2002年以来、久々のスーバーボウル出場。
もちろん、当時の選手もヘッドコーチもいません。
だから、初出場みたいなもの。
ラムズも予想以上に強かったし、ペイトリオッツの猛攻を13点、タッチダウンにいたっては1回にとどめていることから見てもディフェンスもよかった。
ただ、個人的には経験の少なさが、勝敗を分ける差になったような気がした。
だけど、ラムズはまだ若いチームといっていいと思うから、来年以降にも期待ができるんじゃないかな?
いい試合でした。

問題なのはひっそりと一人部屋で見てるのに、気合はいっちゃって「あー↓」とか「おー↑」とか、「ヨシッ!」とか叫んじゃうことね。
力はいっちゃいます。